ママ友にカメラを教えたい!和田岬の子供達をみんなで綺麗に撮ろう!

スポンサーリンク

おはようございます!

父ちゃんです!

今朝も昨日と同じ様に

スローシャッター縛りで

撮影してきました!

この画質ではブレて見えますが

顔だけちゃんと写ってるんですよ!

連写した中の偶然ですが。。。

いつもは87ちゃんがキックボード

自転車では

危ないから止めてる撮影なのですが

今日はこのレンズで遊びたかったので

RF24-105mm F4-7.1 IS STM

実は

どうしても間に合わせたい期間があって

急いで

EOS R6

を購入したのですが

ボディだけが手に入らなかったんですよ。

仕方なくレンズキットを購入したのですが

ずっと使わずにいました。

しかしこのレンズが

携帯性が良くて

保育所送りにちょうど良いのでは?

と思い持ち出して来ました!

先ほどの写真も

実は昨日の写真も

このレンズで撮ったのですが

流し撮りにピッタリなんですよ!

レンズの良し悪しの中で

この24−105の良いところは

軽い

AF速い

この2点ですね!

あと比較的安価なのと。。。

本来デメリットである

暗い(絞りの”F”っていう数字が低い方が偉いのです)

という部分ですが

日中に流し撮りの場合は

かなり絞らないと

真っ白な写真になってしましますので

。。。

長くなりますね。

このあたりも別の記事で説明したいですね!

カメラ初心者の

ママ友にもわかる様に

これからそういうブログにしようかな!

それではママさん達

カメラのモード選択ダイヤルを

シャッター優先に変えてください!

僕のカメラの場合は

Tvと書いてますが

Tだけの機種もありますし

Sと書いてるメーカーのあります。

その辺は説明書を見てね!

で、そのシャッター優先の

シャッタースピードを変更してください。

これも変え方はそれぞれなので

説明書を見てくださいね!

そしてISO感度はオートで

露出補正

少し明るくしてた方が

お子様の写真としては良いかな?

ちょっと+補正してて下さい。

因みにRAW撮影する場合は

逆に暗く撮った方が

メリットありますが

またの機会に。

オートフォーカスの設定は

お好みで構いませんが

お子さんの時は

あれば顔認識が良いでしょう。

servo(サーボ)が使える機種の方は

自動追尾してくれますので

選択しましょう!

これは絶対してた方が良いです!

連写は絶対に設定しておきましょう。

下手な鉄砲作戦です!

もういっぱいボツ写真ができるのは

フィルム時代ではないのですから

良いじゃないですか!

今日は実際に撮影している所を

お見せできませんが

例えば自転車に乗っているところや

滑り台。

お子様にピントを合わせたら

両手でカメラをしっかり持って

シャッターを連写しながら

お子様の動きと同じ速さで

振ります。

降ると言ったら

円を描く様に動いてしまいそうですが

お子様と

並行にカメラが動く様に

つまり、

お子様とカメラの

距離が変わらない様に

振りましょう!

こういうのは

スマホでは撮れないので

成功したら

楽しいですよ!

で、このレンズはお散歩カメラにピッタリで

マクロ撮影モードが搭載されております!

めっちゃ近くに寄れるって事です!

実は、物を大きく写そうとして

カメラをめちゃくちゃ近づけても

ピントが合わないんですよ!

このカメラでは

この様なシュチュエーションで

もっと寄って〜

こんな写真が撮れます。

この例だと

上の写真の方が好みですが、、、

それとか

木の質感を出しながら

公園の木々を写し込みました。

こういう遊びができるのが

RF24-105mm F4-7.1 IS STM

なのです!

良い事ばかりじゃないんですけど

総合的にみて

お散歩や旅行には

90点ですね!

ではまた

今日から少しづつ

お子様がいる人へ

カメラの事もお伝えしていきます!

おすすめセット |「動き回るお子様や、ふんわりしたポートレートはこのセットで!」| マップカメラ
ボディは前機種ですが、こちらのブログで紹介しております。 瞳AF機能でお子様の目からピントを逃さずくっきり、そしてF2の明るいレンズなので、背景はふんわり綺麗にボヤけます! 前機種では動きものに弱かった瞳オートフォーカスが、自動追尾してくれる様になりました! そしてこのサイズ感と軽さ。 5歳の子供の小さな手...

日記写真
スポンサーリンク
いつか87ちゃんにバトンタッチするけど、今は父ちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました